Amazon Web Service マスターコース VPC編 | Netcurso

こちらへお入りください


私達は行く

Amazon Web Service マスターコース VPC編

AWSでクラウド環境を構築する際に必要となるVPCの設定方法をマスターしましょう。

4.28 (106 件の評価) / 1079 人の受講生が登録
作成者 Kazuya Kojima
最終更新 : 2018-10-12
$69.99 € 10,99 €
Netcurso-amazon-web-service-vpc
  • 37 レクチャーの数
  • 2 時間のオンデマンドビデオ
  • 学習期間の制限なし
  • モバイルとPCからアクセス
  • 修了証明書

学習内容

  • AWS上にネットワーク環境を構築できるようになる
  • AWSを利用するに当たって基本となる用語や概念を理解することができる
  • 必要な通信のみを許可するセキュアなクラウド環境を構築できるようになる
  • EC2など他のサービスを他のサービスを利用する際に必要となるVPCの知識を理解できるようになる

講座内容

このコースは、AWS(Amazon Web Service)のVPC (Amazon Virtual Private Cloud)を使用して、AWSのクラウド環境上にネットワーク環境を構築する方法を学べるコースとなっています。

AWSでメジャーなサービスであるEC2を始める際にも必須で必要となる機能ですので、VPCを理解してAWSへの環境構築の機能をマスターしましょう。

VPCには、プライベートなクラウド環境を構築するだけでなく、外部からの攻撃から守るセキュリティの機能や、その他のAWSサービスと接続するための機能、そして、企業のNWと暗号化された通信で結ぶVPNといった機能もあります。

断片的な知識ではなく、VPCについてしっかりと機能を把握したいという方にオススメのコースです。


なるべく細かく説明を入れて、途中でつまずくことのないようにしていますが、もし、わからないことがあれば、気軽に質問頂ければと思います。

カリキュラムの内容は以下のようになっております。

【カリキュラム構成】

セクション1. はじめに

 講師の自己紹介と、コースの目的についてお話します。

セクション2. VPCの基礎とAWSアカウント作成

 VPCとはどのようなものか、VPCの役割や、VPCの機能について解説します。

セクション3. VPCを使用したネットワーク環境構築

 VPCを使用して、AWSのクラウド環境上にネットワーク環境(仮想的なユーザー専用の領域)を構築する方法を学びます。

 また、インターネットゲートウェイの役割と設定方法を解説し、VPCのサブネット上に立ち上げたEC2インスタンス(仮想マシン)に接続する方法を学びます。

セクション4. VPCに備わったセキュリティの機能

 VPCのセキュリティ関連の機能として、セキュリティグループと、ネットワークACLの役割と設定方法について学びます。

セクション5. パブリックIPアドレスの管理

 EC2インスタンスに自動で割り当てるパブリックIPアドレスと、Elastic IPの違いについて解説し、Elastic IPの設定方法、管理方法について学びます。

セクション6. プライベートサブネット

 インターネットに公開しないサブネット(プライベートサブネット)の利点と、作成方法を学びます。

 また、踏み台サーバー経由でプライベートサブネット上のEC2インスタンスにログインする方法を解説します。

セクション7. インターネットに出るためのゲートウェイ

 プライベートサブネットからインターネットにアクセスする際に使用する、NATゲートウェイ、Egress Onlyインターネットゲートウェイについて学びます。

セクション8. エンドポイント

 VPCのネットワークから、AWSのサービスをプライベートなネットワーク上で利用できるエンドポイントについて学びます。

セクション9. DHCPオプションセット

 DHCPオプションセットとは何か、どのような設定ができるのかを簡単に解説します。

セクション10. ピアリング接続

 異なるVPC間をプライベートなネットワークで接続するピアリング接続について学びます。

セクション11. VPN接続

 企業のネットワークとAWSのVPCをVPNで接続するVPN接続について学びます。