Scratchをうちの子のためにうちのPCに準備しよう | Netcurso

こちらへお入りください


私達は行く

Scratchをうちの子のためにうちのPCに準備しよう

子供向けプログラミング言語Scratchで保護者や先生が身近な子供たちのプログラミング学習を支援するための入門コースです

4.25 (6 件の評価) / 35 人の受講生が登録
作成者 西村 由加利
最終更新 : 2018-04-21
$19.99 € 10,99 €
Netcurso-setupscratchforkids
  • 20 レクチャーの数
  • 2 時間のオンデマンドビデオ
  • 学習期間の制限なし
  • モバイルとPCからアクセス
  • 修了証明書

学習内容

  • ScratchのオンラインエディターをPCに表示することができるようになります。
  • ScratchのオフラインエディターをPCに設定できるようになります。⇒お子様がScratchを学習する際に、家のPCに予習復習用の環境を用意できます。
  • Scratchの簡単なプログラミングと、その起動、終了ができるようになります。⇒お子様のプログラミング教育の方針を検討する際に非常に役に立つ情報となります。
  • マサチューセッツ工科大学(MIT)のScratchコミュニティーへの参加登録ができるようになります。⇒お子様の疑問を一緒に調べたりすることができます。
  • Scratchで作った作品をMITのサイトで公開したり、共有したりできるようになります。⇒お子様の作品を公開したり、お子様と一緒に他の人の作品を鑑賞したりできます。

講座内容

近年、子供のプログラミング教育が注目されています。世界的には、ITの発展に伴う人材育成などのために、すでにプログラミング学習が義務化している国もいくつかあり、日本でも義務教育への導入が検討され始めています。

プログラミング知識そのものの習得以外に、プログラミング学習には、創造力、問題解決能力、協調性などが育成される効果も期待されています。

ところで、これまでプログラミングに直接関わる必要があったお母様やお父様、そして、学校の先生は、それほど多くはいらっしゃらないのではと思います。プログラミングとはほとんど無縁だった皆様は、きっと、こんなふうに思っているのではないでしょうか。

「プログラミングって、具体的に、どんなもの???」

このコースを受講したお母様やお父様は、プログラミングとは何かを理解した上でお子様のプログラミング教育の方針を検討できます。さらに、その検討によってお子様にプログラミング教育を受けさせることに決めて学習対象となるプログラミング言語にScratch(スクラッチ)を選んだなら、このコースを受講したお母様やお父様は家のPCに予習復習用の環境を用意することができ、さらに、お子様の疑問を一緒に調べることができます。

また、このコースはオンライン講座なので、忙しい学校の先生でも仕事の合間にご自身のペースで受講を進められ、通常の教務や校務を行ないながらプログラミング教育の準備を始めることができます。

このコースでは無償の子供向けプログラミング言語Scratchの

  • PCへの設定方法
  • 基本事項と簡単なプログラミング
  • コミュニティーサイト上の情報閲覧、作品発表・討論の場などの利用方法

の3つを学習します。

このコースは、身近な子供たちのプログラミング教育を検討したり支援したりするための道具としてお使いいただくために作りました。

したがって、プログラミング学習が目的の方の場合は、大人なら物足りず、子供ならプログラミング以外の要素が多過ぎると感じると思います。

今回このコースで扱うScratchは、マサチューセッツ工科大学(MIT)で8歳から16歳の子供のIT教育導入用に開発された無償のプログラミング言語ですが、大人でも子供でも誰でも使用を許可されていて、商用でも使用できます。米国の名門大学のコンピューターサイエンスの導入教育の言語などとしても使用されています。40以上の言語で150以上の国の人々から使用されていて、ユーザー登録数もすでに1千万人を超えている非常にポピュラーなプログラミング言語です。Scratchには子供の好奇心をそそる、可愛いくかっこいい組み込みのアイテムが豊富にあり、また、Scratchではドラッグアンドドロップ中心の簡単な操作でプログラミングができるので、あっというまに楽しくアニメーションのプログラムができ上がります。実際、多くの子供は、Scratchを使える環境があり簡単なルール(文法や起動/修了方法など)を覚えれば、大人が思いもよらないようなユニークなプログラムを短期間で作り上げます。

このページをご覧になったのを機会に、身近なお子様のプログラミング教育を考えてみませんか。

それでは、コースへのご参加をお待ちしています。