はじめに
  • 【読者特典】ダウンロードのご案内(資料&課題ファイル)
  • このコースの説明(※購入前のプロモーション動画と同じです)
  • このコースの進め方
  • このコースの位置づけ どのくらいのレベル感?
第0章 いきなりゴールを見せます!マクロってこんなことができる!最終課題の完成版を使ってみよう
  • いきなりゴールを見せます!マクロで広がる業務の効率化!【前編】
  • 【後編】データを統合する!サンプルマクロ⑤~⑦
  • VBAエキスパート試験とは?
第1章 マクロとVBAの概念 ~正しく理解し、基本を押さえる
  • 1-1 用語と概念 ~マクロ、VBA、マクロ記録、VBEについて知ろう
  • [演習]マクロを記録してみよう ~マクロを記録し、VBAを確かめてみる
  • 【必須】「開発」タブを表示する ~マクロの作成に必要なボタンが揃っている
  • 【必須】「VBE」を開いてみよう ~VBAを作成・編集するための専用ツール
  • [講義&演習] 1-2 ブックとマクロの関係 ~マクロとExcelブックは切っても切れない関係
  • 1-3 マクロとセキュリティ、セキュリティレベル
  • 信頼済みドキュメント
  • [補足]VBEを表示中にマクロ有効ブックを開いた場合
  • [演習]ダウンロードファイルを開こう
  • [章末演習]マクロを作成してみよう セル範囲をクリアするマクロの作成
  • [章末演習つづき]乱数の一覧をコピーする
第2章 マクロ記録 ~VBA初心者だけじゃない!上級者も使う「マクロ記録」の上手な使い方とは?
  • 2-1 マクロ記録とは ~VBA初心者だけじゃない!上級者も使う「マクロ記録」の上手な使い方とは?
  • 2-2 [マクロの記録]ダイアログボックスの設定項目 ~マクロの名前以外にも様々な設定ができる
  • ※2-3 個人用マクロブック
  • ※[演習]個人用マクロブックに記録してみよう
  • ※[注意]個人用マクロブックを削除するには
第3章 モジュールとプロシージャ ~VBAのコードを記述する場所について正しく理解する
  • 3-1 モジュールとは?VBAを保存する基本単位
  • 3-2 プロシージャとは?マクロの動作の基本単位。
  • プロシージャを記述する基本
  • 【演習】プロシージャを記述しよう【ファイル名「Example302.xlsm」】
  • 別のプロシージャを呼び出す(Callステートメント)
  • 【演習】別のプロシージャを呼び出す(ファイル「Example302.xlsm」)
  • コメントで注釈をつける方法と、複数行のコメントを操作するボタンの紹介
  • 【演習】コメントと改行(ファイル「Example302.xlsm」)
第4章 VBAの構文 ~正しい構文を基礎から理解する
  • 4-1 VBAの構文の基礎「オブジェクト式」入門(オブジェクト、プロパティ、メソッド)
  • オブジェクト式の書き方(1)プロパティ
  • 【演習】オブジェクト式を書こう(ファイル「Example401.xlsm」)
  • オブジェクト式の書き方(2)メソッド
  • 【演習】オブジェクト式メソッド編(ファイル「Example401.xlsm」)
  • 補足 メソッドのオプションが複数ある場合
  • オブジェクトの階層構造
  • 【演習】オブジェクトの階層構造(ファイル「Example401.xlsm」
  • 補足 階層構造の特例(省略してもいい場合)
  • 【演習】ブックやシートを省略する(ファイル「Example401.xlsm」
  • コレクション(ブックやシートは、コレクションの一員だった!)
  • セルの指定方法(RangeとCells)
  • 【演習】ブック、シート、セルを指定(ファイル「Example401.xlsm」)
  • 4-2 ステートメントとは?マクロ全体の働きを制御するための言葉
  • 4-3 関数(VBA関数)とは? 特定の処理を担う組み込みの機能
  • 関数
  • 【演習】関数を使ってみよう(ファイル「Example.xlsm」)
  • 4-4 演算子とは?計算やデータの結合や比較などをするために使う記号
  • 【演習】演算子を使ってみる(ファイル「」)
  • 補足 その他の算術演算子(「^」「¥」「Mod」)を使ってみる
  • 第4章のまとめ
第5章 変数と定数 ~柔軟なマクロを作るための第一歩
  • 5-1 変数とは?データを一時記憶するための箱のようなもの
  • 【演習】変数を使ってみる(ファイル「Example501.xlsm」)
  • 変数を宣言する方法
  • 変数の「型」とは?よく使われるもの
  • なぜ変数の「型」は大事なの?
  • 変数に値を代入する
  • 【演習】変数に値を代入して利用(ファイル「Example503.xlsm」)
  • 【必須】「変数の宣言を強制する」を設定しよう
  • なぜ変数の宣言を省略すると問題があるのか?
  • 5-4 変数の名前はどう決めればいいか?
  • 5-5 変数の適用範囲(スコープ)とは?
  • 【講義&演習】ローカル変数を使ってみよう(ファイル「Example505.xlsm)
  • 【講義&演習】モジュールレベル変数を使ってみよう(ファイル「Example505.xlsm)
  • _【講義&演習】グローバル変数を使ってみよう(ファイル「Example505.xlsm)
  • 変数の適用範囲(スコープ)まとめ
  • 変数の初期値
  • 変数の有効期限
  • 5-6 定数とは(変数と何が違い、どう使うのか)
  • 【演習】定数を使ってみよう(ファイル「Example506.xlsm」)
第6章 セルの操作 ~VBAはセルを操作する処理がほとんど。だからこそ重要!
  • 6-1 セルを操作する基本(RangeとCells)
  • 6-2 【講義&演習】Valueプロパティでセルの値を取得・代入する
  • 6-3 【講義&演習】Text/Formulaプロパティ セルの様子を表す
  • 6-4 別のセルを表すプロパティ(Offset,Resize,End,CurrentRegion)
  • 6-5 セルを表すその他の単語.(ActiveCell、Selection)
  • 【実習】Selection、ActiveCellでセルを指定する
  • 6-6【講義&演習】セルのメソッド(①Activate②Selection)
  • 【講義&演習】③Copyメソッドで、セルをコピーする
  • ④ClearContentsメソッドで、値をクリアする
  • ⑤Deleteメソッドで、セルを削除する
  • 6-7 【講義&演習】複数セルを指定する(Rangeが基本)
  • 【応用】Resizeプロパティでセル範囲を指定する方法
  • 【補足】データ数が増えていく場合はどうするか?
  • 6-8 行や列の指定方法(Rows、Columns)
  • Columnsで列を指定する方法
  • 【演習】例を書いて実行してみよう(Rows,Columns)
第7章 ステートメント ~VBAおよびプログラミング全般において重要な要素
  • 7-1 For…Nextステートメント 繰り返し(反復)はビジネス自動化の醍醐味!
  • 【実習】For...Nextによる繰り返し①
  • 【ケース】一覧データを順番に繰り返し処理するには?
  • 【ケース】1行おきに処理するには?変数の増減に関する指定