はじめに/Rのセットアップ
  • はじめに
  • RとR Studioの説明
  • RとR Studioのインストール(Windows10)
  • RとR Studioのインストール(Mac OS)
RとR Studioの基本
  • セクション2で利用するスクリプト等のファイル
  • R Studioの画面の解説
  • R Studioの初めての起動と各画面操作の実践
  • プロジェクトを作ってみる
  • コメントを入れてみる
  • 「ディレクトリ」について理解する
  • 型の説明
  • 型のRでの実践
  • 変数の説明
  • 変数のRでの実践
  • ベクトルの説明
  • ベクトルのRでの実践
  • データフレームの説明
  • 補足:ペーンの場所を変える
  • データフレームのRでの実践1
  • データフレームのRでの実践2
  • パッケージの説明
  • パッケージのRでの実践
  • 補足:パッケージのインストールがWindowsでうまくいかない場合
  • 関数の説明
  • 関数のRでの実践
  • セクションのまとめ
  • セクション3で利用するスクリプト
インポート
  • インポートセクションの概要
  • パスとディレクトリの説明
  • パスとディレクトリのRでの実践
  • ファイル形式についての説明
  • read_delim関数の利用方法
  • read_delim関数のRでの実践
  • ParseのRでの実践
  • importとparseの落とし穴1
  • importとparseの落とし穴2
  • 補足:エクセルファイルの読み込み方
  • 補足:どのように学習をすすめていくか
可視化(グラフの描画)
  • セクション4で利用するスクリプト
  • ggplot2の説明
  • 補足:因子型(Factor型)の説明
  • 補足:因子型(Factor型)のRでの実践
  • 補足:因子型(Factor型)のRでの実践2
  • geom_XXX 関数の説明
  • geom_XXX 関数の設定方法1
  • geom_XXX関数の設定方法2
  • geom_XXX関数の設定方法3
  • 演習問題 出題:geom_XXX関数を利用したグラフ描画
  • 演習問題 解答例:geom_XXX関数を利用したグラフの描画
  • グラフの色設定の説明
  • グラフの色設定のRでの実践1
  • グラフの色設定のRでの実践2
  • タイトルとラベルの設定の説明
  • MACでGGPLOTが日本語で文字化けした場合の対処方法
  • タイトルとラベルの設定のRでの実践
  • Legend(凡例)の設定の説明
  • Legendの設定の説明2
  • Legendの設定のRでの実践
  • Legendの設定のRでの実践2
  • MACでtheme_classic等の事前テーマの文字化けの回避方法
  • テーマの設定方法についての説明
  • テーマの設定方法についての実践
  • ggplot2のまとめ
  • 補足:集計済みデータの描画~statオプション~
  • 補足:themeでX軸のラベルを回転させる
データクリーニング
  • セクション5で利用するスクリプト
  • データクリーニングの全体像
  • tidyとmessyデータの導入1
  • tidyとmessyデータの導入2
  • messyからtidyデータへの変換例
  • tidyデータのために利用するツール
  • %>%(パイプ; 関数をつなぐ)の説明
  • mutate(列の追加)の説明
  • rename(列名の変更) とselect(列の選択)の説明
  • 練習問題&解答:rename(列名の変更)とselect(列の選択)
  • arrange(行の並び替え)の説明
  • Logical型:導入
  • Logical型:Rでの動作
  • Logical型:ベクトルでの動作
  • Logical型:AND OR条件
  • 正規表現1
  • 正規表現2
  • 正規表現3
  • 正規表現4
  • 正規表現5
  • str_extract(文字列の抜き出し)とmutate(列の作成)
  • filter(行の絞り込み)
  • 練習問題:tidyデータ
  • 解答1:tidyデータ
  • 解答2:tidyデータ
  • 次のレクチャーの補足
  • 補足:全角から半角文字への変換、日本語の文字列の取り扱い
  • if_else(列内での条件分岐)1
  • if_else(列内での条件分岐)2
  • case_when(列内での複数条件分岐)